場所増林地区センター・公民館
越谷市増林3-4-1
アクセス東武スカイツリーライン
越谷駅からバス10分
(越谷駅東口~増林地区センター)

〉詳しくはこちら

生きた教材となる安全・安心・おいしい学校給食

給食センターでは栄養バランスに気を配るだけでなく、安心・安全でおいしい給食を提供できるよう気をつけて調理しています。

給食は、ただ食べることが目的ではなく、食育の推進・食事の正しいあり方を身につけさせるとともに、児童・生徒の心と身体の健全な発育を促すことを目的としています。

そんな私たちの仕事を紹介します。

《大釜での調理》

《大食缶の配缶》

《サラダの配缶》

一日のスケジュール

美味しい給食で子どもたちを笑顔に!

 越谷市内には3ヶ所の給食センターがあり、小学校30校、中学校15校の完全給食を実施しています。1日の食数は約28,000食と県内でも多くの食数を提供しています。

 私たちが勤務する越谷市学校給食センターは、夏は高温多湿、冬は厳寒の環境の中、調理員たちは衛生面・安全面・栄養面・嗜好面などを考慮し調理に努め、美味しく喜ばれる給食を心がけています。

 また、今年の7月に開催された県内の学校給食調理コンクールに調理担当として参加し、上位の成績を収めることができました。越谷の子供達に質の良い給食を提供できるよう日々の給食業務で培ったものが実を結び、さらに越谷市の給食のレベルの高さを自覚できた大会でした。

 私にとっても思い出の味。

 子供時代は私も越谷の給食を食べて育ちました。変わらない人気の献立もありますが、新しい献立(地場産野菜使用・郷土料理)、さらに進化し続ける越谷の給食は子供達の笑顔や喜びの声を肌で感じることができ、やりがいのある素晴らしい仕事です。

越谷市給食センターの一日